温泉水99がたくさんの人に選ばれるその理由は?

温泉水99をコーヒーにはオススメしない理由は?

 

 

体に良い水の条件のひとつとして、
『phが弱アルカリ性であり、還元力をもつこと』
があげられます。

 

温泉水99はph9.9の弱アルカリ性で、
体に良い水であることは間違いないのです。

 

では、コーヒーを淹れる際にも適しているのでしょうか?

 

例えば、パウダー状になったインスタントコーヒー等であれば、
弱アルカリ性のミネラルウォーターでも美味しいコーヒーが淹れられると思います。

 

ただ、コーヒー豆から挽いて淹れるような
スペシャルティ―コーヒーなどの場合、
微妙な酸味などが味の決め手となることがあります。

 

その酸味をいかすためには、一番適しているのは弱酸性〜中性の水なのです。

 

弱アルカリ性のお水を使うと、
その酸味を消してしまう可能性があります。

 

ただ、お水の粒子が細かいため、
コーヒーの味が良く出る一面もあるため、
一概にダメとは言えないのですが、
豆の特質を考えて、使い分けることが必要だと思われます。

 

温泉水99はお米を炊くときや、そのまま飲むの時に使うのがオススメです。

 

お水もいろいろな種類があるので、奥が深いですね!

 

 

 

 

Ph6.6ならこんなお水がオススメ
>>>【送料無料】白神山地の水(12本 24L)